【無料型紙】帆布でつくる、裏地なしのうわばき入れ【作り方解説】

今回は上履き入れの作り方を解説していきたいと思います。
本記事内で、無料の型紙を公開しています。

大きなワッペンと色を合わせた、切り替えがデザインのポイントです。

裏地をつけませんので、
既製品の帆布バッグと同様の布端の処理を行います。
また、帆布自体、園グッズによく使われるキルティング等よりは扱いが難しいです。

いわゆる「かんたんソーイング」ではありません
ちょっと大人っぽく格好いい仕上がりになります。

ぜひ、作ってみてください。

なお、前回の記事に帆布を扱う際のコツについて詳しく書きました。
一読されてから制作することをおすすめします。

仕上がりサイズ

園児向けのサイズになります。
小学生向けに作られる場合は、大きさをアレンジしてください。

⚫︎幅20㎝ ⚫︎縦26㎝ ⚫︎マチ4㎝ 

材料

  • 本体 … 11号帆布 (きなり):105㎝幅 × 30㎝ もしくは 90㎝幅 × 40㎝
  • 底布 … 11号帆布 (カラー):幅30㎝ × 30㎝
  • 綾織テープ(2㎝幅):80㎝
  • バネホック 13㎜のもの
  • (お好みで)ワッペン

必要な道具

  • 1㎝幅のアイロン接着両面テープ
  • クリップ
  • へら

マストで必要なものは、上記3点です。
そのほかあると便利なものは、前回記事をご参照ください。

両面テープは、ハクリ紙付きものがオススメです。
ハクリ紙のない「蜘蛛の巣テープ」でも代用できますが、
作業効率は落ちます。

注意点 ~持ち手の仕様を変更しています~

冒頭の完成作品の写真では、1本の持ち手を作るのに、2枚の布を使用しています。
仕上がりが固く幼児の持ち手に馴染みにくいので、
本記事内の型紙・レシピでは、1枚布から作る右のタイプに変更しました。

そのため、
作り方のプロセス写真に、変更前のものが写っていることがあります。
また、持ち手の作り方は、他のバッグ製作時の写真で説明しているため
うわばき入れの持ち手より、長くなっています

ご了承ください。

型紙

型紙のPDFは、こちらから⇩
※A3サイズです。コンビニ等でプリントをしてください。

裁ち方図

裁ち方図のPDFは、こちらから⇩
※A4サイズです。

作り方

裁断する

裁ち方図を参照して、裁断してください。
バッグの口には、布の耳を使用します。
「本体・底の中心」「持ち手つけ位置」に印をつけておきます。

出来上がり線で折る

下記の箇所をへらやアイロンを使用して、出来上がり線で折ります。

  • 本体袋口
  • 底布上下
  • 持ち手

赤線の箇所です⇩

このようにへらで印をつけて、折ります。⇩

本体に底布をつける

本体2枚を外表に合わせ、底を縫います。
中表ではないことに注意してください。

縫い代はへらで開いておきます。

底布をつける

本体と底布を合わせ、テープで仮接着をした後、縫い合わせていきます。

クリップで留めたあと、めくるようにして接着テープを貼ります。

ハクリ紙を剥がして、アイロンで接着します。

縁から0.3㎝の部分に、ぐるりと一周、ステッチをかけていきます。

持ち手を作る

次に、持ち手を作っていきます。

  1. 持ち手の四隅を1㎝平方、切り落とし、中心に接着テープを貼っておきます。
  2. 一度アイロンでしっかり折ります。
  3. ハクリ紙を剥がします。
  4. アイロンで接着します。

端から1㎝の部分に、表からステッチをかけます

本体に持ち手をつける

本体に持ち手をつけます。裏表に気をつけてください。

  1. 図の赤い部分に接着テープを貼ります。
  2. 「持ち手つけ位置」の接着テープのハクリ紙を剥がし、持ち手をアイロンで仮接着します。持ち手の裏表に気をつけてください
  3. 口の部分のハクリ紙を剥がし、アイロンで縫い代を折って接着します。持ち手は1㎝挟まれます。
  4. 表にし、袋口から2.2㎝の部分にステッチをかけます。
  5. 取っ手を上(袋口)側に倒します。ここも接着テープで仮止めしておくと良いです。
  6. 袋口から0.3㎝の部分にステッチをかけます。

これで取っ手がつきました。

脇を縫う

本体を中表に合わせて脇を縫います。

脇の長さより2㎝長い(29㎝)綾織テープを2本用意します。
本体の縫い代は、0.2㎝切り落とし、1㎝→0.8㎝にしておきます。

接着テープを使用して、綾織テープで脇をくるみます。
綾織テープは先に縦に半分にアイロンで折ってから、接着テープを貼ると良いです。
端から0.7㎝の部分に、ステッチをかけます。

マチを縫う

本体の底中心と脇線を合わせてクリップで留め、
マチを縫います。
縫い代は0.2㎝切り落とします。
綾織テープ8㎝の両端を1㎝ずつ折り返し、くるんで縫います。

これで縫いあがりました。表に返します。

バネホックをつける

バネホックをつけます。

ちなみに、この手の「カシメる」作業が必要な商品、
上手くつかない場合は大体、床が柔らかいことが影響しています。
私は玄関のタタキの上にカッターマットを置いて作業しています。

ワッペンをつける

ワッペンをつけて、完成です!

まとめ ~型紙の製作とデザインについて~

お気に入りのブランドのワッペンと、帆布の素材感がぴったりで、
両方をいかすデザインにしたいという思いから、今回の製作がスタートしました。

うわばき入れの型紙は、無料、有料のもの、沢山ありますよね。
私も、最初はありものの型紙を使用して作るつもりでした。

ですが、下記5点を実現したいと思った時、最適な型紙がみつからなかったのです。

  • 11号帆布で作る
  • 裏地をつけない(端処理を行う)
  • 持ち手は2本で普通のバッグっぽいもの
  • 大きなワッペンをいかすツートーンの切り替え
  • 家庭用ミシンで縫いやすい仕様

そこで、
帆布の扱い方を調べつつ、
切り替え位置や持ち手の仕様などを考えて
イチから製図することにしました。
(通販サイトなどで、既製品の仕上がりの寸法を参考にしました。)

袋口の縫い代に耳を使用したり、
持ち手を工夫することで、厚みが出すぎないようにしました。
家庭用ミシンでも問題なく縫えるレシピになっていると思います。

直径7㎝の大きなワッペンが映える位置に、
ツートーンの切り替えが来るようになっています。
ワッペンに使用されている色と、切り替え布の色を合わせると可愛いです。

ぜひ、作ってみてくださいね。

型紙オリジナル
布地CHECK & STRIPE 力織機で織った帆布 きなり、ダークオレンジ、ブルー

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります


ハンドメイド(子供服)ランキング

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。