いろいろな開襟シャツのパターン

息子が1歳の夏から、開襟シャツを毎年縫っています。

通常のスタンドカラーのシャツだと首に布が当たるのが嫌で
着てくれないかも、というのと、
襟なしのブラウスだとナチュラルな雰囲気になりすぎて
息子に似合わないのではという懸念から
ついつい開襟を選んでしまいます。

縫ったことのないパターンも多いのですが、今回はいろいろな開襟シャツの型紙について書きたいと思います。

過去作品のご紹介

以下は2歳の夏に縫ったものです。

子ども服の洋裁本より、身幅のかなり広いノーカラーのブラウスを開襟シャツにアレンジしました。

襟の縫い方が特徴的ですが、
一度覚えてしまえば台襟付きのスタンドカラーシャツより、はるかに簡単です。

こちらの記事で
私が好むシャツパターン選びの条件、というものを書きました。

  1. 身幅がワイドで肩が落ちていること。
  2. 襟が目立たない(鋭角でない)こと。
  3. 背中は裏表2枚のヨークで切り替え、ヨーク下にタックが入っていること。

身幅がワイドであること

息子は成長曲線の下から、身長・体重ともにはみ出しそうなくらい小さいです。
ですが、胸・肩は結構張っていて、細身〜スタンダード身幅のシャツだと
なんとも野暮ったい感じになってしまうのです。

(現在3歳半ですが、細身のブランド(無印良品など)のTシャツは
120サイズを着せています。下半身は細いので100ぐらい)
なのでこの条件はマストで、身幅の広さでまず型紙を選びます。

襟が目立たないこと

こちらも息子の顔立ちに合わせた条件です。
3歳くらいでもシュッとした顔立ちのお子さんもいますが、
息子はフェイスラインが丸いタイプ。
鋭角だったり、大きめの襟だとこれまた野暮ったいので、
オープンカラーの襟の角度は90度以上のものを選びます。

ヨークやタックの有無

これは私の好みですが、シャツのパーツは大人のメンズものと同様で、
省かれていないものが好きです。
子ども服のレシピでは、首の後ろを見返しで処理するものも多いですが、
あまり綺麗では無いと思います。
ヨークが無いパターンの場合は、適当な位置で分割して、ヨークを作ってしまっていました。

Muniパターンの背中。タックの効果でヨーク下からふわっと広がるデザインです。

以上の条件を満たすパターンを探していたのですが、2年前は見当たらず…

そもそも90サイズくらいまでの男の子のシャツの型紙は
販売されている数自体が少ないので、その中で好みに合うものは見つけづらかったのです。

息子が110サイズになり、選択肢が広がったのと、ここ1、2年で発売された型紙も多いので
いくつかピックアップします。

いろいろな開襟シャツのパターン

著作権の関係で、書籍の中身は載せられず、わかりにくくてすみません。

インスタのハッシュタグ等で作例を検索してもらうと分かりやすいかと思います。

左より①ネット型紙ショップ「フルール」のもの ②CHECK&STRIPE STANDARD ③女の子と男の子のお出かけ服

Muniパターン オープンカラーシャツ

私が今年縫ってみて、気に入っているパターンです。こちらの記事で詳しく書きました。

「フルール」のオープンカラーシャツ

こちらは80サイズからあり、初めて開襟シャツを縫った際に購入したものです。
かなり細身で襟も大きめなので、このパターンのまま作ることはありませんでしたが
仕様書が詳しくて勉強になったので、買って良かったですね。
現在、他の開襟パターンを縫う際にも、こちらの仕様書を見ながら作っています。
裏表ヨーク、ヨーク下両サイドにタック、両脇裾にスリット、第一ボタン用ループが入った本格的な作り。

こちらのショップのパタンナーさんの著書は本格的な作りなので、信頼が置けます。


CHECK&STRIPE STANDARD「キッズフランネルのパジャマ」

開襟タイプのパジャマのパターンが載っています。
こちらもかなり細身のパターンです。

パジャマはあまり服の中で体が泳ぐのも心地悪いと思うので、
これくらい細身の方が良いのかもしれません。
1サイズ大きい型紙で作って、長く着せるのが良いかもしれませんね。
ヨークなし、襟の背中側は見返しで処理するパターン。
この見返しは、私の縫製が悪かったのか、子ども服で面積が小さいためか、上手く落ち着きませんでした。

過去作品。丸襟にし、パイピングコードを挟むアレンジを加えています。
元パターンはオーソドックスなデザインです。

以下は作ったことが無いパターンです。

女の子と男の子のお出かけ服「アロハシャツ」

身幅は写真で見る限り、普通〜大きめでしょうか。
スタンダードで良さそうな形に見えます。
裏表ヨーク、ヨーク下両サイドにタック、両脇裾にスリット、第一ボタン用ループ、力布が入った本格的な作り。
作り方も詳しく載っています。

ハンドメイドのかんたん子ども服2020夏

開襟シャツの型紙が載っていたと思います。
身幅は写真で見る限り、広めで、今っぽいものができそうです。

「かんたん子ども服」なので、作りは簡素ですね。
襟の背中が側、見返しの処理が落ち着かなそうなので、もし自分で作るなら
作り方は変更すると思います。

きせつを楽しむ子ども服「elmer」

パイピング&丸襟で、この著者さんらしいデザインですね。
身幅は写真で見る限り、広めかな?
前著作に同じ襟元のワンピースがあったと思います。

343 pattern shop オープンカラーのキッズシャツ

https://atelier343.stores.jp

縫代つきの型紙で、80~150サイズまであるのが嬉しいですね。
スタンダードな身幅、襟は少し大きめのような感じがします。
ヨーク切り替えなし、首の後ろはバイアステープでの処理のようです。

子どもの体型や顔立ちにに合うパターンを選んであげたいですね。
私は当分はMuniパターンをリピートすると思います。

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります


ハンドメイド(子供服)ランキング

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。